久留米高度先端医療開発クラスター

文部科学省 イノベーションシステム整備事業 地域イノベーション戦略支援プログラム(グローバル型)
  • ENGLISH
  • 中文

久留米高度先端医療開発クラスター

久留米地域に高度先端医療の関連企業、研究者、研究機関が集積し、ガンを中心とした高度な治験がグローバルに展開され、世界中からがん患者や家族が治療に訪れる世界の高度先端医療開発拠点へと自立・発展させることを目指しています。

事業趣旨及び目標

  • ライフサイエンス分野(ペプチドワクチン治療薬、がんワクチンの臨床効果をゲノムレベルで診断する技術等)
  • がんを中心とした世界最先端の研究開発の促進
  • 地域のバイオクラスター形成の中核となるバイオ技術人材および治験人材の育成
  • 「高度先端医療開発拠点」の形成
  • 「福岡バイオバレープロジェクト」との一体的な推進

事業規模

  • 国補助金約2.5億円/年×5年、マッチングファンド式
  • 平成21年9月から平成26年3月

研究事業

  • 産学官研究開発(研究テーマ3件/5年)/(サブテーマ7件)

戦略本部

Pagetop